[キユーピー100周年スペシャル]NEW YEAR CONCERT2019 ニューイヤーコンサート2019 ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団

<演奏予定曲目>オッフェンバック:オッフェンバック :オペレッタ『天国と地獄』序曲 ワルトトイフェル :『エスパーニャ』  ホリク :『一月一日〜ヨハン・シュトラウス風』(サントリーホール25周年記念委嘱作品)レハール :オペレッタ『メリー・ウィドウ』より「ときめく心に唇は黙し」J. シュトラウスII世:ワルツ『美しく青きドナウ』作品314
チケット
料金
(税込)

S席

10,000円

A席

8,000円

B席

6,000円

予定枚数に達し次第、予約期間の途中でも受付を終了いたします。予めご了承ください。

日時 2019年1/10(木) 午後6時30分開演(午後6時00分開場)
会場 福岡シンフォニーホール(アクロス福岡)
チケット
一般発売日
2018年7/29(日) 午前10時〜
 

※止むを得ない事情により曲目・曲順が変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

※未就学児童の入場はご遠慮ください。

※車椅子でご来場されるお客様は、ご購入前に必ずKBCチケットセンターまでお問い合わせください。

※託児サービス(生後4ヶ月から小学校入学前のお子様対象)がございます。
お申し込み先…(株)テノ.サポート
ダイヤル 0120-8000-29 電話: 092-263-3580(月〜金 午前9時〜午後6時)
託児料の一部としてお子様1人につき1,000円(消費税込)必要です。

今年はきっといいことありそう。極上のウィーンの”薫り”で、贅沢なひとときを。

[ソプラノ:アナ・マリア・ラビン]ルーマニア生まれ。チューリヒ芸術大学在学中にエルンスト・ヘフリガー声楽コンクール優勝、ミラノ・スカラ座『メリー・ウィドウ』(A. フィッシュ指揮)ヴァランシエンヌ役でデビュー。グラインドボーン音楽祭や、ティーレマン指揮シュターツカペレ・ドレスデンのジルヴェスター・コンサートへの出演など、ヨーロッパを中心に世界各地の劇場、音楽祭で活躍している。

[テノール:トーマス・ブロンデル]ベルギー生まれ。ベルリン・ドイツ・オペラのメンバーとしてドイツを拠点に精力的に活動する傍ら、ソリストとしても活躍しており、バイエルン州立劇場、ウィーン・フォルクスオーパーなどの劇場のほか、BBCプロムスやサイトウキネンにも出演。ベルリン・ドイツ響、パリ管弦楽団、ニューヨーク・フィルなどオーケストラとの共演も多数。歌手としての活動のほか、作曲家や子どものためのオペラ台本作家としても活動している。

[指揮:アレクサンダー・ジョエル]ウィーンで音楽及び指揮法を学ぶ。2001〜07年にかけてライン・ドイツ・オペラで第1カペルマイスターを務めたのち、フランドル歌劇場の首席客演指揮者に就任。ロイヤル・オペラ・ハウスやベルリン・ドイツ・オペラ、ハンブルク州立歌劇場、ウィーン・フォルクスオーパーなどに出演のほか、スイス・ロマンド管、BBCフィルなどのオーケストラとも共演している。

[バレエ・アンサンブルSVOウィーン]ウィンナ・ワルツの研究と継承、および典型的なウィンナ・ダンスの保護を目的としてウィーン・フォルクスオーパーを母体に結成されたバレエ団。今回は選りすぐりの2組のペアが登場する。

ページトップへ